KINEKO MIZBERING THEATER 2018

豪華2夜連続! 忘れられない夜がやってくる!

心地よい風を感じながら、映画を見る。そんなちょっと特別な体験ができる野外上映は、今年で2年目を迎えます。
昨年は天候に恵まれず上映できなかった『メアリと魔女の花』も再びキネコに!心温まるステキな作品を大きな空の下で家族や友達と楽しもう!防寒対策も忘れずに。

時間 16:00~(15:00開場)
会場 二子玉川公園 眺望広場
(スターバックス二子玉川公園店の近隣)[Google マップ]
料金 大人:500円 子ども:200円
持ち物 懐中電灯、暖かい服、暖かい飲み物、レジャーシートなど
チケット 各日14:00より水辺上映会場にて販売開始(当日券のみ)

※雨天・強風の場合は中止になることがあります。予めご了承ください。

ワンダー 君は太陽

[日本語字幕版]

監督:スティーヴン・チョボスキー

[113min/アメリカ/2018]

人とは異なる顔で生まれてきた10歳の少年オギーは、5年生で入学した学校でいじめや裏切りなど初めての困難と出会う。幾度もくじけそうになりながら、家族の愛を勇気に変えて立ち向かうオギー。そして忘れられない1年を締めくくる修了式の日に、最大の出来事が待ち受けていた──。

Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

メアリと魔女の花

監督:米林宏昌 声の出演:杉咲花、神木隆之介ほか

[103min/日本/2017]

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つけます。それはかつて魔女の国から盗み出された禁断の❝魔女の花❞でした。一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、魔法世界の❝エンドア大学❞への入学を許可されて・・・。
魔女の国から逃れ、メアリは大切な人との約束を守ることができるのか――。

© 2017「メアリと魔女の花」製作委員会

[ 言語:日本語 (英語字幕なし) ]

MIZBERING

ミズベリングとは、国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所が推進する水辺の新しい活用方法を探り、市民や企業を巻き込んだソーシャルデザインを創造するプロジェクトです。京浜河川事務所はこのプロジェクトを通して、「河川空間」と「まち空間」が融合した良好な空間形成を実現しています。今年は、キネコ国際映画祭が主体となり野外上映会場で「水辺で乾杯!」を実施。
多摩川の水辺で開催する今回はまさに”ミズベリングシアター”。この実現に向けて地域のカフェと多摩川ステージ参加の学生の協力で映画祭応援横断幕写真撮影も行いました。

“ミズベリング”サイトURL https://mizbedekanpai.mizbering.jp/kanpai/

TEC-FORCE

国土交通省の派遣する照明車が夜道を照らします

(京浜河川事務所の 災害対策車両)
災害時にはTEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)などで被災現場に派遣されます。ー刻でも早い復旧のため、昼夜連続の作業を行える様に照明灯から50m離れたところでも本が読めるくらい明るくできるそうです。

野外上映会場に実物とパネルが展示され、野外上映終了後には 、皆さんの足下を照らしますので明るさを実感ください。